しわのできる原因を知ろう

しわのできる原因を知ろう

治療することによって、しわが改善できるということはわかりました。

ところで、しわってなんでできてしまうのでしょうか?

その原因を知りましょう。

知っている人も多いでしょうが、私たちの皮膚は3つの層からできています。

お肌の表面から順に言いますと、表皮があり、真皮があり、そして皮下組織があるのです。

表皮はなんと0.2ミリほどしかありません。

真皮でも2ミリしかなくとても薄いものだということがわかります。

0.2ミリしかない表皮はなんと4つの層からできています。

皮下組織というものは、脂肪です。

なのであまり気にすることはありません。

私たちが気にしなければならないのは、表皮と真皮です。

これによって美肌が決まって来るのです。

しわができる原因は一概には言えません。

それぞれ個人差が大きくでるのが特徴です。

表皮の機能が低下することによって起こるのは小じわです。

さらに真皮の機能まで低下してしまうと深くて濃いしわが現れてきてしまいます。

20代の後半になると、小じわが目立ってきますよね。

これは、表皮の機能が低下してしまっているからなのですよ。

ダイエットと称して、過酷な食事制限などで一気に痩せてしまうとこれまた原因になってしまいます。

急に痩せてしまうことで、皮下組織にある脂肪が少なくなってしまい、お肌がたるみハリもなくなってしまい、結果的にしわとなって現れてしまうのです。

ダイエットは健康的に行う必要がありますね。

体が痩せてしまっても、顔にしわが増えてしまってはまったく意味がありません。

全体的に美しくなるために計画的に行うようにしましょう。

そして、最後は筋肉によってできてしまうしわです。

これがいわゆる表情じわです。

笑ったり泣いたりとさまざまなことで私たちは表情がでますね。

それが何度も何度も繰り返されることによってできます。

表情豊かな人は、目元口元に現れやすいようです。

確かに、笑っているときは目が細くなりますし、目じりからこめかみにかけてしわができます。

口元は口角があがるので、ほうれい線となって現れてきますよね。

逆に難しい表情をする人も眉間に現れたり、口の下に下えくぼのような感じで現れたりすることが多いようです。